足の小指(小趾)

小趾の痛みの多くは「内反小趾」と呼ばれる状態だが、外反母趾も内反小趾も足にバランス良く体重が乗るようになると改善されます

同時にお母趾横と小趾横にタコの出来るケースは靴の中で足が小さく動いて靴の中で擦れてタコになってゆくが、その動きは簡単に理解するには、「お風呂の浴槽に蒲鉾板を浮かべる」事を想像してください

蒲鉾板の片方の端を指で押し沈めると、反対側が浮き上がってくる

この動きが靴の中で発生し、母趾側が沈み小趾側が上がる事により絶えずその動きが続き皮膚が擦れて硬くなる

同じようにこの動きの力のバランスが小趾側にずれると小趾周辺の足裏辺りに痛みが出る様になる

足のバランスを整えると改善が進みます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする