たこ・魚の目

沢山の方が足のタコについて論じられるが、どこにも具体的な改善方法が提示されていない

タコの出来る時に力が掛かって擦っているとは言われるがなぜ、そこに偏った力が掛かるのか、なぜ擦るのかについては触れてくれない

なんだか解ったようで理解できないのがタコや魚の目である

出来る場所におよって異なる名前が付いているような説明があるが、そのタコや魚の目はどうすれば防げるかの説明がない

医者の話では、

『インソールを入れてアー新向きを変えたり、歩き方にタブ癖がありますからそれを矯正することで多少良くなります』

と説明がある

実際には足のバランスが整い正しく体重が足に乗るようになると靴の中で偏った体重が足ののらなくなり滑らなくなります

これで普通に歩いていると血流も良くなり、血流が良くなると皮膚の代謝が促進されタコや魚の目が自然に消えてゆきます

1.タコの廻りから皮膚が軟らかくなり始める

2.次第にタコが小さくなる

3.タコが消えてゆく

この様な段階を経て綺麗な足になってゆきます

まずは、足のバランスを整える事が第一に必要なことです

痛い足のタコが出来る原因は、左をクリックしてブログを参照下さい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする