アキレス腱炎

アキレス腱炎の改善 (レーザーや電気、鍼より根本から改善することが大切)

アキレス腱炎の治療には様々な方法があるようだが、その多くは炎症を抑えることが主になっているようだ。レーザー、電気、マッサージに鍼灸と有るが時間を掛けて炎症を鎮めても、またすぐに炎症が起きるのは、アキレス腱炎を引き起こしやすい足の動きを改善していないからであると言われている。

重要な事
炎症を鎮めるのはとても大切な事であるが、それだけでは不十分で、アキレス腱炎になる足の動きを改善する事がとても重要であり最優先されるべきである。

改善の手順としてお薦めは;

1.足に動きを改善して体重が乗っても狂った動きをしない状態を作る
2.足にバランス良く体重が乗る状態で痛みを鎮める治療を受ける

これにより、レーザー、電気、鍼灸などの鎮静消炎効果が高まる。

実際に、アキレス腱炎になった人の足の動きを診ると小さな踵の動きが、足首関節の動きに捻れを作り、それによりアキレス腱やその周辺にダメージを与える動きになっているのが容易に想像できる。
この踵の動きを改善する事でダメージを軽減させ治癒への時間を短縮でき再発の可能性を低下させる。

 

沢山の事例を紹介しているブログ(アスケル東京の代表的症例)の中には、きっとご自分と同じ症状の方がおられると思います下記をクリックするとその症例に基づく改善事例が御覧頂けます

アキレス腱炎・アキレス腱痛関連のブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする