足が治れば腰が楽

なかなか理解して頂くのは、難しいようだが

『腰が痛いので、リハビリに行っているがなかなか良くならない

1週間に1回のリハビリと2回の整骨院に通っているが、治療を受けている時は気持ちが良くて、終わった後はすっきりするが、翌日にはまた痛くなる』

こんな悩みはありませんか?

素直に考えて頂ければ解りやすいとは思いますが

1.足の上に脚が、膝が、大腿が腰がと乗っています

2.骨盤(腰)は左右の骨盤が仙腸関節と呼ばれる左右の骨盤を繋ぐ,電車の連結器の働きをする関節で繋がれている

3.腰の周りの筋肉を揉んだり解したりするだけでは骨盤の捻れは治らない

体は高層ビルなどの建造物と同じように基礎(土台)がしっかりしていないと真っ直ぐに建てる事が出来ない

理屈ではよくご存じな事のようだが、腰を治すために腰の周りのマッサージは、基礎(土台)の狂った建物の上の方を押して真っ直ぐに使用としていることに酷似している

滑稽ではあるが現実に多いこととのようです

片足に下駄、反対の足にスリッパを履いて立っている姿を想像してください

この様にすると腰は左右の高さが狂っています、これを脇腹や背中を押して真っ直ぐにしようとしても上手く行かないことくらいはご理解頂けると思います

まず、左右の足のバランスを正しくする事で腰周辺の偏って狂った動きが自然に改善されて来てそれにより腰周辺の筋肉の緊張が取れ始め腰が楽になってきます

『腰痛と足は関係ないと言われる人は多いですが、本当はとても関係が深いのです』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする